自分にあったパワーフードの見つけかたの話

未分類

近年はテレワークやステイホームが続いてストレスや疲れがたまって何となく体調がすぐれなかったり、元気を取り戻すためにパワーフードを試したいと思ったりすることも多いでしょう。そこで今回はあなたに合ったパワーフードを見つける際の参考にしてもらえることを願い、私が調べたことを簡単に紹介します。

パワーフードといってもたくさん種類があるものの、代表的なものをいくつか紹介したいです。

①スピルリナ

スピルリナとは昆布やワカメと同じ海藻類の一種で[水中の緑黄色野菜]や[野菜の先祖]などと呼ばれてビタミンやミネラルのほかにたんぱく質、食物繊維さらに植物色素など60種の栄養素を含む栄養価に優れた食品になります。

疲れやすく、覇気がないなど元気を取り戻したい方にオススメでしょう。

?アサイー

アサイーにはポリフェノールやカルシウム、マグネシウムや鉄などミネラルをはじめとした栄養価の高い成分が多く含まれています。中でも鉄分は果肉100gにプルーン約58個分の鉄分が含まれ、貧血の改善やヘモグロビンの値が上がるなど効果が期待されているのです。

③カカオ

カカオはチョコレートの材料として知られているものの、カカオ豆にはカカオポリフェノールがたっぷり含まれています。ポリフェノールには動脈硬化の予防に効果があるいう説も聞かれる一方、血管を広げる作用があることがわかって血圧低下につながると期待されているのでした。カカオはチョコレートにも含まれており、気軽にとれて血圧の高めのかたには特にオススメかもしれません。

④カムカム

カムカムは植物の中で最も多くビタミンC(レモンの60倍でアセロラの2倍)を含むといわれているのです。ビタミンCに免疫力アップ、美白効果やエイジング効果もあるとされていて女性にとって強い味方になります。

⑤クコの実

クコの実に各種ビタミンとミネラルが豊富に含まれてこれによって代謝を高めてエネルギーが作られるために疲労回復はもちろん、疲れにくい体に改善されるでしょう。

⑥ココナッツオイル

ココナッツオイルとはココヤシの実の胚乳(はいにゅう)から抽出した油で美肌やダイエット効果があるのは知られているものの、コレステロール値の改善や認知症予防になります。

⑦ブロッコリースプラウト

ブロッコリースプラウトは発芽してすぐのブロッコリーの幼い芽のことで本体より栄養価が高いものになっているのでした。ベータカロテンやビタミンC、ビタミンEなど高い抗酸化作用を持つ成分を豊富に含みます。これらは熟成した株の約7から20倍濃いスルフォラファンを摂取できて体から余分なものを排出する作用により、デトックス効果やアンチエイジング効果があるのです。

⑧マカ

マカに含まれる代表的な成分はアルギニンな一方でほかに鉄やカルシウム、亜鉛に食物繊維そしてビタミンなどバランスよく配合されています。アルギニンは成長ホルモンの合成を促進する効果が期待でき、筋肉の強化や身長を伸ばす役割もあるのでした。またマカは疲労回復やエイジングケア、男性機能を改善する効果もありますよ。

⑨チアシード

チアシードはシソ科アキギリ属の[チア]種のこととなり、健康維持に欠かせない栄養素を豊富に含んでいるでしょう。また食物繊維も豊富でダイエット効果があることで知られています。

私が聞いたことあったのはカカオとアサイーくらいであった一方、調べるとこんなにたくさん種類があることがわかったのです。実は私も50歳を過ぎたころから何となくパワー不足を感じはじめ、若者にまだ負けたくないと思っていました。ただ何が私に1番適しているかわからずに日々を過ごしていて今回、この記事を書いたきっかけはあなたも同じ悩みを持っているのではないでしょうか。パワーフードに興味はあるけど、何を選べばよいかわからずに諦めることも多いと思います。この記事を読んだあなたがパワーフードに興味を持ち、試してみたいと思ってもらえたらとてもうれしいです。また私も今までパワーフードを試したことはなかったものの、ご紹介したものを少しずつ試しながら自分に合ったものを見つけていきます。